インフォグラフィック

「ゾウのふんから紙ができる!」

61fe45b9c2f8f04b6da8b9115457eb9c

 夏休みに入ると賑わう場所のひとつに動物園があります。ご家族で訪れる予定がある方も多いのでは?ところであの独特な「動物園の匂い」はさまざまな動物のえさや“ふん”の臭いが混じり合ったものですが、世界の多くの動物園でそのふんを廃棄せず再利用する試みが行われています。堆肥化はすでに多くの動物園で実施されていて、他にも発酵させてメタンガス(バイオガス)を作ったり、ペレット化して燃料にするなど、さまざまな方法があります。フランスのボーバル動物園では、こうして作ったバイオガスで園内の自家発電とガス供給を行い、設備の暖房に使い、さらには余った電気を電力会社に売るまでになっているのだそうです。

 動物園の利用者からは「ゾウのふんから作られた紙製品」が人気を集めています。日本では“プープーペーパー”、あるいは“ぞうさんペーパー(商品名)”などのほうがなじみがあるかもしれませんね。このインフォグラフィックを見ると、ゾウが一日に食べる草と、ふんの量、そして作られる紙の量が一目でわかります。ゾウだけでなく、ウシやウマ、さらにはコアラやパンダなど、他のさまざまな草食動物のふんからも紙を作ることができます。通常は人工的に行われる紙の生産の一工程を、動物たちの食事が担っているというわけです。

 以下は「poopoopaper.com(英語)」から引用した、ゾウのふんから紙を作る手順です。

1. ふんを集める

2. 小石や泥、葉を落とし、抽出した繊維を90~100度のお湯で4~6時間茹でてパルプ状にする。この段階で殺菌が行われる。化学物質や漂白剤は使わない

3. 紙の材料となる繊維部分だけを抽出する。残りかすは肥料になる

4. 水に溶かし、非材木繊維(トウモロコシの茎、パイナップルの外殻、干し草、バナナの木の幹、桑の木の皮など季節により異なる)と混ぜる

5. 非毒性の食用着色料で色づけする

6. 紙を漉く。西暦105年に中国で発明されたこの方法は、その後大幅には変わっていない。

 

「臭くないの?」という疑問が沸きますが、基本的に草食動物のふんはほとんどが繊維質のため臭いがきつくなく、茹でて殺菌する段階で臭いがしなくなるのだそうです。こうした工程を経て、丈夫で味わい深い仕上がりの紙は葉書やレターセット、ノートなどに加工されます。

 ゾウのふんを原材料にしている紙は、動物園以外にもタイ・チェンマイのゾウ保護センターやスリランカのゾウの孤児院などの施設で多く生産されています。こういった商品を見かけたら、(そうとは知らずに)紙作りに大きな貢献をしている動物たちのことを少しだけ思い出してみてください。売上げの一部がゾウたちの保護と、彼らが安楽に暮らせるために配慮する活動に役立てられていることも。

 

 

 フランスの女性ジャーナリスト、マティルド・セレルが書いた『コンバ』には、「茶色の“砂金採取”を支援しよう」などエコロジー関連のトピックが満載。今日から1人でもできるアクションが多数紹介されています。

 

 

2016-09-27 | Posted in インフォグラフィックComments Closed 

 

「魚を棲めなくする力! 水質汚染力ランキング~生活雑排水 食物編」

3b9573c97c5408fafe8588ccd5afeb97

インフォグラフィック作成:@wsra

 

 夏バテで食欲がなくなっていた方もようやく調子を取り戻す季節ですね。今回は揚げ物を調理したあとの油(以下、天ぷら油)の末路の話です。揚げ物をする時は一度に大量の油を使うため、家庭内での処理は常に悩ましい問題です。冷まして新聞紙に染みこませたり、専用の凝固剤で固めるなどして燃えるゴミにというのが一般に広く知られている処理方法ですが、家庭から出る使用済みや賞味期限切れの天ぷら油の回収に自治体や企業体が力を入れていることをご存じでしょうか。

 このインフォグラフィックは、油や調味料等の食材を台所から排水すると、どのくらい水質を汚染するかを表しています。これらの数値はBOD(Biochemical Oxygen Demand=生物化学的酸素要求量)という、汚水処理で最も重要な指標の一つです。排水中の食材は微生物の栄養になりますが、栄養が増えると微生物がそれにともなって増え、同時に微生物が必要とする酸素の全体量も増えます。このときの酸素の量がBODで、水が汚れるほど数値が増えていきます。

 魚が棲める川のBODは、以下の通りです。

・ヤマメ、イワナ2mg/リットル以下

・アユ、サケ…3mg/リットル以下

・コイ、フナ…5mg/リットル以下

 食材を含んだ排水のBOD負荷は大きく、カロリーが高いものほどBODも高くなる傾向にあります。たった大さじ1杯の天ぷら油でも、4500リットルの水(浴槽約15杯分)で薄めないとコイやフナが棲める数値にならないのです。ちなみに、大さじ1杯の緑茶のBODは約11mgで、油に比べるとはるかに低いのですが、魚が棲めるようにするためにはやはり希釈が必要な数値であり、むやみに流していいわけではありません。

 飲食店などから出る業務用の廃食用油は広く回収され、家畜飼料の添加油脂や塗料、石けんの原料などに加工・再生されていますが、自治体等の回収で集められた各家庭の使用済み天ぷら油も、実はバイオディーゼル燃料(BDF)などに再生されているんですよ。バイオディーゼル燃料は、混合比率を調整すれば専用の車でなくともそのまま使用できる、廃食用油リサイクルの優等生。燃やした時に出る黒煙が少なく、 の原因である硫黄酸化物もほとんど出ないという長所もあります。バイオディーゼル燃料車」というステッカーが貼られた公営バスやゴミの収集車を見かけたら、使用済み天ぷら油が生まれ変わって動力になっている可能性大? 

 台所から油を流さないのはもちろんですが、燃えるゴミとして出すよりもさらに有意義なのがリサイクル。まだまだ天ぷら油回収の認知度は低いようです。まずは知ることから始めてみてください。

 

***

 

2016-07-29 | Posted in インフォグラフィックComments Closed 

 

「この世からきれいに消えよう―世界の“エコ葬”」

713a0c3c0b0da835140e7b375452d49d

インフォグラフィック作成:@wsra

 

※$650=約68,000円、€290=約40,000円、$25=約2,600円、£16,800=約290万円(2014年9月1日現在)

 8月のお盆、9月のお彼岸と、お墓参りをされる方が多い季節です。多くの方は火葬されて骨壺に収められたご先祖にお参りしているのではないでしょうか。火葬は、土葬に比べ用地が小さくて済むこと、技術の進歩、環境衛生面から日本で主流になっていったと言われていますが、現在のように100%近くを占めるようになったのは20世紀に入ってかなり経ってからのことで、それまでは土葬が多数派でした。なお、世界的に見ると火葬は決して主流ではなく、さまざまな方法で人々は日々葬られています。

 通常の火葬で排出されるCO2(二酸化炭素)は1人あたり約250kgと言われています。これをガソリン乗用車の排出量に換算すると2,152kmとなり、これは札幌ー福岡間のドライブに匹敵します※。C02を出さない土葬の方がよりエコロジカルなのでは?と感じるかもしれませんが、墓石の環境を整えるために大量の水を使って土をならし、長期間に渡って芝生を保守するため、結果として土葬のほうが環境負荷が高くなってしまうとのこと。

 このインフォグラフィックは世界中で模索あるいは実施されている、よりエコロジカルな遺体処理方法を紹介したものです。CO2や有害物質を減らす以外にも、植樹をすることでプラスマイナスゼロにする、火葬の熱を利用するなど方法は様々。この中でわたしたちにとって最も現実的なのは、国内でも販売されている段ボール製の棺でしょうか。布張りのため一見すると段ボールに見えず、利用者は増加傾向にあります。一定量の木材から作ることができる段ボール棺の数は木製棺の1.5倍にもなるため、資源を有効活用できる点でも非常に優れているんですよ。

 こうした「エコ葬」には故人の想いが色濃く反映されます。究極の自己満足かもしれませんが、エコロジーはもはやブームではなくライフスタイル。こんな最期も悪くないですよね。

※ガソリン1ℓあたりのCO2排出量は2.3kgとする。(環境省温室効果ガス排出量 算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」を参考に算出。)ガソリン乗用車の平均燃費は19.8km/ℓとする。(2012年度。一般社団法人>日本自動車工業会ホームページより)

 

***

 フランスの女性ジャーナリスト、マティルド・セレルが書いた『コンバ』には、「この世からきれいに消えよう」などエコロジー関連のトピックが満載。今日から1人でもできるアクションが多数紹介されています。

2016-07-29 | Posted in インフォグラフィックComments Closed 

 

1 / 41234