うから日々のメモ(社員雑記)

南房総市富浦漁港「おさかな食堂」

 南房総市富浦漁港内になる「おさかな食堂」に再び行ってきました。本物の漁師さんが料理長、そして漁師のおかみさんたちが料理を作っている「本物」の食堂です。
 サービス向上と顧客満足のための勉強会のお手伝いに行ってきました。

 今回はちゃんと料理の写真を撮ってきたのでアップします。
 こちらがが定番メニューの「まんぷく定食」です。ほんとに満腹になります。
 

 見た目は飾り気がなく、素朴感が漂ってますが、この家庭的でシンプルな感じが魅力なのです。料理にはすべて誠実さが感じられます。徒歩20秒の富浦港から水揚げされた素材ですから刺身はもちろん美味新鮮、味噌汁も魚のダシがビシッと効いていて風味豊か、どれも大きな鯖味噌と二種の魚フライがこれでもか!と胃袋を満タンにしてくれます。まず間違いありません。
 トンビの群れが空中をとびまわり、静かに波打つのどかな港の風景を眺めながらの昼食は格別です。
 
 東京から車で2時間ほどの距離で、道中の車窓からの景色もすごくいいのでドライブコースにおすすめです。
 都会の生活に疲れたあなた。富浦へGO!


@
http://www.ukara.co.jp

2010-12-01 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed