うから日々のメモ(社員雑記)

『秩父まるごと知ってツアー~第1回~「秩父自然体験と星空鑑賞 1泊2日ツアー」』

IMGP5870

 

埼玉県の北部といえば秩父地方。秩父の豊かな自然をテーマに初秋の秩父をめぐる旅 『秩父まるごと知ってツアー~第1回~「秩父自然体験と星空鑑賞 1泊2日ツアー」』に参加してきました。

 このツアーは、秩父の魅力を発信するために埼玉県秩父地域振興センターが企画し、近畿日本ツーリスト(株)さいたま支店が旅行企画・実施したモニター・ツアーで、秩父の魅力を全力投球で紹介する盛り沢山な内容と質にもかかわらず旅行代金も9,000円という破格のツアー。

 本記事でのモデルコースを参考に、是非一度秩父を巡ることをお勧めします。自然と古い歴史、山と水のアクティビティから舌鼓を打つおいしいものまで魅力がてんこ盛りの秩父が間違いなく好きになること請け合い!いざ出発~。

 

 

 

[1日目]

標高550メートルの絶景広がる「天空の楽校」で絶品BBQ!

 

IMGP5514

 

 8時15分池袋駅集合、ツアーバスに揺られ、だんだんと都会の風景から徐々に緑色に変わっていく風景を楽しむこと約3時間、バスが、皆野町の山道をぐるぐると登っていきます。こんなところにお店があるのか?と不安になってきたところに突如「天空の楽校」の看板が目に入ってきました。それもそのはず知る人ぞ知る隠れ家的名店で、公共交通機関を使うと秩父鉄道皆野駅から町営バスに乗り継いで最寄りバス停「日野沢山の家」下車まで約35分かかるそう。

 廃校となった小学校の校舎と敷地を利用した佇まいはノスタルジーが漂い、晴れた日には秩父の山々が一望でき、心身ともに晴山になることは間違いなし。

 こちらのメインは“絶景を見ながらのBBQ”。こだわりの素材を炭火で焼いて野趣たっぷりにいただきます。本当においしい!最高!

 

IMGP5533


IMGP5546

 

 かつて教室だったところには、おもちゃのポーダブルピアノのコレクションや、今ではお宝間違いなしの懐かしの70年代、80年代の歌謡曲やポップス、アイドル歌謡のシングルや『明星』『平凡』などのアイドル雑誌、『ロッキン・オン』等の洋楽雑誌が無造作に展示(?)というか置かれていて、レコードはポータブルプレイヤーで自由に聞くことが出来ます。当時、青春ど真ん中の世代の方には、思い出が胸にこみ上げてくることでしょう。

 

IMGP5550

IMGP5547

 

IMGP5548

IMGP5549

 

実は、この『天空の楽校』にはもうひとつの名物があります。 それが秩父新名物「天空のちまき」。ここでしか食べることのできない本格中華ちまきで、「角煮」「ベーコンチーズ」「海鮮」「鶏ごぼう」の4種類があり、お土産やちょっと小腹が空いた時の旅のお供に最適の逸品です。

IMGP5899

IMGP5902

 

マイナスイオンを浴びて不動明王の威光にあずかる!

『天空の楽校』でお腹を満たし、バスは「秩父華厳の滝」へ。静謐な山中にあり、埼玉クールスポット100選(埼玉県地球温暖化防止活動センター 環境ネットワーク埼玉)選定されている滝で、10数メートル高さですが、とても姿のよい滝です。滝壺周辺に近づくと清涼かつ爽やかな気持ちになれます。なんでも日光・華厳の滝に似ているから「秩父華厳の滝」というのがその名の由来とのことです。 滝の落ち口まで歩いていくことができ、落ち口にはとてもユーモラスで優しそうな不動明王が鎮座されております。

IMGP5567

IMGP5572

 

秩父34か所霊場の結願の寺「水潜寺」

 

「秩父華厳の滝」から数百メートルのところにある「水潜寺」へ。水潜寺は秩父34か所霊場の最終の寺で御本尊は「千手観音」です。落ち着いた佇まいと、森の精気に満ちた境内では、心が休まらないはずがありません。 秩父34か所霊場とは、日本百観音霊場の霊場の一つで、古くから坂東33か所、西国33か所とともに有名です。秩父市を中心に1番札所の妙音寺から34番の水潜寺まで行程80Km、歩くと5日はかかるそうです。
  本来は、巡礼を終えた人が、観音堂近くの崖下にある「みずくぐり」と呼ばれる岩屋をくぐって旅の締めくるりとしたそうですが、現在は、倒木の危険などから立ち入り禁止となっていました。

IMGP5585

IMGP5595

IMGP5590

IMGP5597

IMGP5588

 

 

 

フォトジェニックな秩父鉄道荒川橋梁

 埼玉県秩父郡長瀞町、皆野町の町境にかかり、大正14年に完成したの秩父鉄道の鉄道撮影スポットとしてその筋ではとても有名な橋。煉瓦の橋脚がその歴史を物語ります。 秩父鉄道といえば、熊谷駅~三峯駅口を走るSL列車「パレオエクスプレス」。 橋梁を渡るSLの雄姿が絵になることは言わずもがなですが、ちょうど幸いにもラッピングした列車を撮影することはできました。このスポットは長瀞川下りの乗船スポットでもあるので、タイミングがよければ「陸橋」「SL」「川下り」の混成写真が撮れます。

IMGP5606

IMGP5612

 

2017-10-18 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

富士登山

 

 富士山に登りました。
 「富士宮ルート」から登る計画で、品川から三島まで新幹線で行き、そこからバスに乗って「水ヶ塚駐車場」まで、さらにバスで「富士宮五合目」まで行き登山スタートという行程でした。
 午後2時に登山開始、新七合目までゆっくり登って山小屋「御来光荘」で一泊して朝5時に山小屋を出発して12時頃に山頂に辿りつくことができました。



IMGP4763

IMGP4766

富士山五合目からの様子。雲がかかっていましたが、登るに連れて天候がよくなってきました。



IMG_4535

IMG_4719

山小屋はこんな感じです。1枚の布団に2人で寝る感じの密着度。



IMGP4798  

御来光荘からの眺め



IMGP4859  

翌朝、出発時に見た御来光



IMG_4541  

頂上付近の様子



IMG_4546

頂上火口

かなりきつかったですが、幸い天候に恵まれて無事登頂することができました。やればできます!

2017-08-07 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

【募集】ちょうしがよくなる銚子と旭の移住セミナー

移住に興味がある方々!移住セミナーとモニターツアーのお知らせです。まだ空きがあるようです!

2017-07-21 | Posted in トピックス, うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

バジルの花

DSC_0472.jpg

 

バジルが花を咲かせました。

せっかく咲いたけど横に成長させて葉っぱを収穫したいので、摘むことにします。

 

 

2017-07-21 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

プレゼンは熱意だ

DSC_0089.jpg

 本日は、某案件のプレゼンで常磐線に乗って日帰り出張。

 本日のプレゼンに参加して思ったこと。

 与えられた発表時間は20分、質疑応答10分の中でいかにポイントを相手に印象づけて、伝えきれる大事な要素は何か。

 簡潔的確にポイントを落とし込んだ台本と話し方などのプレゼン技術、プレゼン資料の要素が総合的に絡み合って発表空間が演出されるので、事前のリハーサルが大事なのは言うまでもない。でも一番大事なのは「熱意」だと思う。熱意の伝播力はすごい。熱意のこもってない企画書、プレゼンは勝てない。熱意が伝わると聞いてる方ももなんだか理解できたような気持ちになってくる。

 では、熱意を作り出すにはどうすればいいかというと、企画書の中身がしっかりしていると自然と熱意もこもってくる。つまり、作成の過程において真剣に取組み、考え抜く以外に熱意は生まれてこない。そして思い込みの力(信じる力)によって熱意を増幅させていけば人に伝わるものになるのだと思う。

2017-07-20 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

善福寺川ウォーキング

 カメラをぶら下げいつもの朝の散歩。

 下池でカワセミ2羽を目撃し、1羽の撮影に成功。昨年の11月以来、実に9ヶ月ぶりなので興奮。

 ふと、このカワセミは何処から来るんだろうという疑問が湧いてきて、なんとなく川を下って歩き始める。

 炎天下の中、和田堀公園まで往復15キロの道のりを歩き抜き、おかげで真っ黒に日焼けしたが、道中カルガモの親子やなんとオオタカ(!)にも遭遇。

 善福寺川は善福寺池から和田堀まで流れるが途中、川面を颯爽と下るカワセミを2度も見た。

 善福寺公園で見かけるカワセミは、善福寺川緑地公園や和田堀公園で見かけられるものと同一個体に違いない。

 

IMGP4523-2.jpg

 

IMGP4669-2.jpg オオタカ

 

IMGP4585-2.jpg
2017-07-17 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

明神ヶ岳ハイキング

箱根の明神ヶ岳にハイキングへ。

明神ヶ岳登り口へは小田原から箱根登山バス(湖尻・桃源台行きバス)で約40分、「宮城野支所前」で下車。

登り始めと山頂近くでは少しキツい斜面が続くが、それ以外はなだらかなコースで、天気がよければ山頂からは強羅や宮城野、大涌谷や富士山、反対側には相模湾や江ノ島等の360度のパノラマ展望が楽しめる。

 

IMGP4299.jpg

 

IMGP4265.jpg 登山口付近で見かけたイソヒヨドリ。
2017-05-29 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

「オオカミ信仰」奥秩父の三峯神社 で活力注入!

 三峯神社は荒川の最上流部、奥秩父の三峯山にあり「お犬さま」すなわち「ヤマイヌ(オオカミ)」信仰で知られ、こま犬もオオカミ型の珍しい神社でパワースポットとして人気も高い。 
  
 都内からのアクセスは、池袋あるいは高田馬場から西武線急行で所沢駅へ。所沢駅から西武秩父線「特急ちちぶ」に乗り換えて西武秩父駅まで約1時間、さらに西武秩父駅から三峯神社行きのバスに乗り継ぎ「大輪」バス停下車まで35分と、都合所沢駅から約1時間半で三峯神社表参道入口に到着(神社まではバスで直接行けるが、山登りコースの本来の表参道から登っていくには「大輪」バス停で下車)する。
 そしてここから徒歩で約3時間山道を登つめるとようやく三峯神社にたどり着く。 
 
 山道は結構キツいが、大木の生い茂る森の中、川あり滝あり峠ありのバリエーションに富む道程はハイキングコースとして最高。神社境内隣には温泉もある。

 三峯神社HP

  IMGP3826.jpg   IMGP3836.jpg   IMGP3839.jpg   IMGP3846.jpg   IMGP3845.jpg   IMGP3864.jpg   IMGP3872.jpg   IMGP3879.jpg   IMGP3901.jpg   IMGP3997.jpg   IMGP3909.jpg   IMGP3931.jpg   IMGP3940.jpg   IMGP3947.jpg   IMGP3950.jpg   IMGP3957.jpg   IMGP3956.jpg   IMGP3968.jpg   IMGP3976.jpg   IMGP3964.jpg

2017-05-11 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

盆栽はクールだ!『第8回世界盆栽大会 in さいたま』

 屈指の名品が展示され、国内外から盆栽愛好家が集う『第8回世界盆栽大会 in さいたま』へ。

 盆栽はただ植物の成長を楽しむものではない。「樹形」というものを考えて時間をかけて忍耐強く心して整えていかなければならず、盆栽と向き合うと水やりや下草取りなど早起きにならざるを得ないので心身の健康と修養にすこぶるよい。

 盆栽は古くて新しい。日本が世界に誇るハイブロウな文化だ。Do The BONSAI !

 

IMGP3728.jpg  IMGP3731.jpg   IMGP3732.jpg  IMGP3733.jpg IMGP3738.jpg  IMGP3740.jpg IMGP3743.jpg IMGP3754.jpg IMGP3758.jpg   IMGP3759.jpg IMGP3761.jpg  IMGP3763.jpg

2017-04-29 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

善福寺公園野鳥ノート(2017年1月28日)

今日見た鳥たち。(2017年1月28日)

 

続きを読む
2017-01-28 | Posted in うから日々のメモ(社員雑記)Comments Closed 

 

1 / 712345...最後 »